6/12  ここは行っておくべき

 「すいません、写真撮ってもろてもよろしいでしょか?」

 「ああ、ええですよ。」

 「すいません、んじゃお願いしますわ」

 「はい、じゃあ撮りま・・・・って」

 「ああ、すいません。ちょっと準備するんで待ってください」

 「・・・・・・えっ?」

通行人Aが驚き、そして言葉を失うのも無理はなかった。写真を
撮ってくれ、との要望に対し了承を得た事を確認すると微妙な関
西弁を喋る目の前の青年は、おもむろに自分の履くジーンズの
ベルトを外し始めたのだ。

ゴクリ… 

息を呑む通行人A。これから一体何が始まろうというのか、この
雄大な大自然
を前にして・・

 「はい、じゃあ向こう行くんでサイン出したら撮って下さい」  

そう考えてる内に青年はジーパンを脱ぎ終え、一言説明を加え
た後、丘の上へ向かって走り出した。

 「・・・・?」

状況が未だ掴めない通行人Aであった。が、しかし、「まったく、
変な奴に捕まっちゃったぞ」と思うのと同時に「何をするんだろ
う?」と言う好奇心が芽生えてる自分も感じていた。

だから無粋とは知りつつも聞いてしまうのだ。

 「あの・・ 向こうまで行って何をするんですか?」

本来ならここまで突飛な事を(少なくとも通行人Aの目にはそう
映っていた)する以上、初めに説明があってもよさそうなもので
ある。だが、それをしなかった青年の落ち度を責める事を通行
人Aは考えなかった。そんな瑣末な事など少なくとも今はどうで
もいい、とにかく今から何が始まるのか、それだけが通行人Aの
興味の対象であったからだ。

だから解答にはそれなりのものを期待していたのだが・・・

   / ̄\
  | ^o^ | < 遭難 ごっこ です
   \_/
   _| |_
  |     |
         / ̄\
        |    | < ・・・・・
         \_/
         _| |_
        |     |

青年が恥ずかしそうに語った解答は「遭難ごっこ」であった。
おいおい、


・・・・・・・・
・・・・・

・・ 

 「パパ、あの人なんでズボン脱いでるん?」

 「・・・・ハハハ、えっとだな^^;・・・」

妻から冷たい視線を受け、我が子からの質問に答えあぐねて
いる通行人Aを見てフト思った。

 「・・・(家族連れに頼んだのは失敗だったかもしれないな)」

秋芳洞の神秘、秋芳台の雄大さは僕を馬鹿にする。

 9日の収支 -5.4k (コイーン)
 11日の収支 +20.2k (蜘蛛の推定超高設定)

 

コメント

  1. ( ・ω・)y-~~~~ より:

    生存の証として、日記とか更新してくださいよ~?w
    おじさん心配しちゃうじゃん(;´Д`)

  2. なまこ より:

    昔、どっかの砂丘でもやってましたな。

  3. より:

    その写真10モリタポで買う

  4. まーく より:

    (;^ω^)これは・・・
    しかし、いつもながらに思う。なんというチャレンジャーw

  5. かま より:

    今回の旅は恐らく一生で一度の大冒険となるだろうね
    人は旅に出て本当の自分を見つける事だって多い
    自分が今何をしたいか、今度どう生きるかは
    旅をする事で発見できるかもしれないしね
    どうやら、ずっと一人旅って事じゃなさそうだし
    まぁ、折角の機会だし皆に甘えてゆっくりしてくると良いさ

  6. umi より:

    ( ・ω・)y-~~~~さん
    いやいや、案外ネット環境探すのって大変なんすよww
    田舎だとネットカフェすら存在しないって事も多いし。。
    なまこさん
    今回シーナさんが出来なかったのが残念で仕方ないよ
    掟さん
    写真は帰ったらまとめてうpするお^^
    一枚100ペリカだお
    まーくさん
    今回は書いてませんが他にも鍾乳洞で「やらないか?」やスパイダーマンやったり、がんばっております。
    まだまだ自分を捨て切れてない甘ちゃんでございます
    かまさん
    一生に一度かはわかりませんがwwww
    期間としちゃ今までで一番長いものになりそうです^^
    見るもの触れるもの、全てが新しいことだらけで・・
    なんというか、今は旅の終わりが少し怖いっす