6/2  たまには空気読む

6/2  たまには空気読む

サウナで汗を流しさっぱりした僕は髪を乾かそうとパウダールームへと行くのですが…

 「どうなってんだ!!!堅気の人間に行かすっちゅうんはどういう事よ!!!」

 (OH….(;^ω^))

モンモン・・・。つの丸先生の作品ならよかったのですが現実はそう甘くはありません。漢字で書くと紋々、そんな素敵なアートを背中に入れた方々が眼の前でブチ切れて電話してるじゃないですか。

 (なんてこったい・・・)

既にパウダールームへと足を踏み入れてしまっていた僕は今さら焦って踵を返すのも逆に失礼かもしれないなという訳のわからぬ論理にて、恐る恐る対面の鏡台へと腰を下ろします。鏡越しに目が合った舎弟さんの「今立て込んでるんだけど・・・」みたいな目が堪りませんがもう座っちゃたんだから無理だよ(´;ω;`)そういえばいつもは人がたくさんいるこの場所に今は僕ら三人ぽっちだ。

 (そっか、だからさっき脱衣所の扇風機で髪乾かしてるオッサンがいたのか…)

なんだか大きな声で話してる人がいるなとは思ったけれど、浴室からここに至るまでの場の空気を読み取れなかった僕の負けです。

 「いや、だからよぉ…」 

チラッ。

兄貴は兄貴で僕の方を気にしてチラ見しつつ、段々と声のトーンが下がっていくし・・・。ごめんね、空気読めなくて。

まあこうなった以上仕方がありません。僕に出来る事は粗相の無いよう普通に過ごす事だけ。

 「堅気に金持っていかせたら俺の顔が立たねぇだろ」
 「俺の名前使ったって事はどういう事かわかるよな?」
 「ああ、それでいい。半分は向こうに渡して納得してもらえ」

 (・・・・・)

それにしても実際にVシネマでしか聞くような事がないと思ってた話がバンバン飛び交うものなんですね・・・あっちの世界。盗み聞き(?)していて何だか親近感すら沸いてきましたよ。それとも客がいるから敢えてお約束でやってるのかなぁ・・・なわけねーかw なんて色々と考えているとサウナの店長だか何だかわかりませんが、オッサンと従業員二人の計三名がパウダールームへとやってきました。

 「すいません、刺青の入ってる方の入浴は禁止させていただいてるのですが・・・」

意を決し、注意を促します。そうだよね、大体どこの入浴施設も刺青、ファッションタトゥーでさえも禁止してる所がほとんどなのにあんな立派な紋々はおかしいと思ったんだ!!

 「あぁん!?・・・チッ。おい、一旦切るぞ。で、何なの?俺らここのオーナーさんと話してOK貰ってるんだけど知らねぇの?」
 「そうなんですか、聞いておりませんが…」
 「確認してから注意しろってんだよボケ」
 「はぁ・・」

 (しっかし仕事とは言え大変だなぁ・・)

鏡越しに抗争を見守りつつ店長に同情。とは言えこんなの別にサウナでは珍しくもないんだろうなー。

 (どれ、名残惜しい気もするがせっかくなので僕はこの機に戦線離脱させて頂きますよっと・・・)

店長を生贄に席を立とうとしたその瞬間でした!

 「大体よぉ、今時刺青なんて珍しくも何ともねぇだろ。ほら、そこのアンちゃんだって気にしてねぇだろうが」

 (!!?)

突然の逆指名!!

余りにも予想外の出来事に鏡越しではなく盛大に振り向いてしまいましたが、振り向いた先には本職二名が笑顔でお出迎え☆

 「な!」
 「あ、はぁ」
 「ほれ見ろ!!」
 「いや、それとこれとは…」

結局これが悪かったとは思いませんが、最終的には店側が折れて抗争は終結。

 「悪かったな兄ちゃん」
 「あ、いえ」

さすがの僕も最後まで席を立つタイミングが掴めなかったっていう・・・。

コメント

  1. tamasuke より:

    うみさんにはいつものように口を滑らせてほしかったなぁ
    と思った今日この頃です。

  2. ろばっこ より:

    でも雀荘も結構こっち系の人きそうな気もするけど、
    どうですか?

  3. ( ・ω・)y-~~~~ より:

    これが後の、興津がごとく。のはじまりであったのに気がつくのは、先の話である。それはまた次回。。。。

  4. やす@豊中 より:

    そして次の日からは見た目それモンなお兄さんが多数来店、
    うみ殿をご指名されるんですね分かります。
    今度会うときはパンチにベスト&スラックスな
    アンちゃんになっている事を期待しています

  5. 小島 より:

    前回の記事のコメント欄にあった、怪しいurlを開くために振り絞った僕の勇気を返してください。

  6. 一男太郎 より:

    コントみたいな展開ですねぇ。
    まぁサウナとか入浴施設では893とゲイは度々旋風を巻き起こしてくれますからねぇ。
    先日僕も見知らぬスキンヘッドのネオナチみたいなヤツにアッー!されそうになって命からがら逃げてきたこともあります。

  7. kenji より:

    こういう人は意外と平気なオレガイル

  8. パチエル より:

    やらないか?的な展開を期待してたのに・・・残念です・・・

  9. 椰子 より:

    893じゃないんでしょうけど腕や首筋に刺青してる人は結構いますよね。
    高田馬場でエヴァ約束打ってたら隣にそんな人が座ってきた事があって焦った経験が・・・。
    露骨に席を立つわけにもいかずにガクブルしながら低設定濃厚の台をしばらく打つ羽目になりましたw

  10. umi より:

    >>tamasukeさん
    頻繁に話しかけられたらヤバかったかもw(;^ω^)
    >>ろばっこさん
    薬の売人やってる常連さんがいて、終いにゃ店を待ち合わせ場所にしだしたので出禁にしたって話なら聞いた事がありますが、基本「本職!!」って方は僕の知る限り出入りしてませんね。関係者は多数のようですが、皆さん気心の知れたいい人ばかりです(棒読み
    >>( ・ω・)y-~~~~さん
    本宮ひろ志先生作 「興津樹!」ご期待あれ!
    >>やす@豊中さん
    それ系の格好はミナミの帝王愛読者の僕にはたやすいことでっせぇええええ!!!!
    >>小島さん
    未だにyourfilehostスレでブラクラを踏み続ける僕のパイオニア精神を少しは見習ってください!!
    >>一男太郎さん
    ネオ○チは怖いですな(;^ω^)しかも先日ってww
    >>kenjiさん
    うむ。相変わらず凛々しいですな。
    >>パチエルさん
    何Pさせる気ですかw
    >>椰子さん
    あー、たまに腕にまるまる大きな刺青してる兄ちゃんとかいますよね!寒いのに敢えて半そで着てたりしてw その手の人にはまだ一度しか絡まれた事ないから「それ⑥じゃないっすよww」とか言わなきゃ大丈夫です!