2/28  偽善

僕はとても嫌な人間です。

隣でおばちゃんがスパイダーマンのRTを即パンさせそうだなぁ~と
わかっていながら見て見ぬフリをしてしまいました。

 バシュン!!!! (←蜘蛛告知)

  「・・・あ」

だからこの結末は『わかっていたはず』なんです。
けれども、僕はそれを見てとても嫌な気持ちになりました。

そりゃもしかしたら

 「・・・(リプパンの事知ってるかも、)」

なんて気持ちも心の片隅にありましたよ。

でも、そんなのは自分に都合のいい言い訳なんです。
冷静に考えればわかること、目押しができないおばちゃんが
リプパン外しなんて知ってるわけもないよね・・・
   

本当の理由は違うんです。

実は僕はそのときイライラしてたんです、自分のヒキの弱さに。
だって、午前に打った台が

 【蜘蛛】 設定4
 総986 B0 M1 (捨て)  

と、死ぬほど腐ってしまいちょっと嫌な気分になっていて・・
店を変えて今現在打ってる台が 

 【蜘蛛】 推定?
 総1189 B0 M1 (前任者は総1979でボーナス11回)

こんな状態だったんです。
そんな中フラッと座ったおばちゃんが千円で蜘蛛重複らしき
当たりをゲットした日にゃ何かを感じずにはいられません。

そう、だから結論から言うと僕は妬みのような感情から
おばちゃんにリプパン外しの事を教えなかったんです・・・

 「・・・(ああ、何て嫌な奴なんだ僕は・・)」

自分がどんな展開だったか、そんなのは勿論理由になりません。
おばちゃんの『RT1ゲームパンク事件』は、僕のたった一言で
防げた事なのです。

だからこそ、自分がどれだけ損をしたのか知らずに打ってる
おばちゃんを見てると自己嫌悪で欝になりそうでした。

自分を恥じました。
とても恥じました。

情けない・・・ たとえニートに堕ちようとも心までは堕ちないよう
それだけは守って生きてきたというのに・・・

 「・・・・・死のぅ」

冗談抜きで全てが嫌になりました。
ここはちょうど富士。樹海も近い事ですし、逝きますか。

 「・・・・・」

そのときでした

 「MJッ!!」 (←スパイダーマンの復活演出=確定)

おばちゃんの台にボーナスが成立したのです。

果たしてこれは神がくれた罪滅ぼしの機会なのだろうか?
そんな事を思う間もないまま・・・

僕は誰のためでもなく、自分のために動いていました。

 「マダム、お話しがあります」

やらぬ善よりやる偽善。僕の大好きな言葉です。
そう、これは偽善の割合の方が大きいのだろう。
いや、きっとただの自己満足かもしれない。

だけど・・ やってよかった。
素直にそう思えるのだから誰にも文句は言ってもらいたくない。

そうして、おばちゃんにリプパンの概要を説明し終わり
晴れ晴れした気持ちで打った蜘蛛はご褒美なのか?
やけに多めに出てくれました。

【蜘蛛】 推定6 
 総4282 B16 M5 (前任者は 総2979でボーナス17回)
   
  
   
おばちゃんは去り際にお礼と言ってコーラをくれた。
ごめんなさい、僕はそんなの貰えるような人間じゃないんです・・

目に染みるコーラは初めてだった。

 本日 +55.2k

コメント

  1. まーく より:

    ( ;∀;)イイハナシダナー
    俺の場合、若い兄ちゃんが横で蜘蛛打ってたときに
    「(まぁこの人ならリプパンくらいしってるよなぁ)」
    と思ってたら、見事パンク。
    次は教えてあげようと思っていたのですが、結局次もタイミングが合わなくて教えることができませんでした(A`)
    老人なら声かけやすいけど若い人だと、なんか逆に声かけづらいです(汗

  2. 2112 より:

    これを偽善とは若いなあ。
    まだ善意を表すのに照れているのね。
    でも目押しを出来ない人にリプパン外しを教えると後が大変な気がします。

  3. 掟ツンヅ より:

    umiちゃんの人柄のよさがよくわかる
    心温まるエピソードだった
    ( ̄(エ)  ̄)ノ
    ただ、オレだったら教えないと思う。
    オレの考えをはこう

    そもそもそのような知識がない人に
    オレが中途半端に教えてあげることによって
    そのご婦人がスロットをやめて
    分相応で無難なパチンコのシマに戻っていくなり
    パチ屋にくるのをやめるなりする時期を逃してしまったとしたら・・・・・
    そのご婦人が
    ああ、この手のゲームにはうかつに手を出しちゃいけないんだな
    ということを身をもって知るチャンスを潰してしまったとしたら・・・・
    だとしたら教えてあげる・・・という一見優しい行為は実は結果的にその人にとっては不幸なことだったんじゃないかと・・・
    教えてあげるのも善だけど
    教えてあげないのも優しさなんじゃないかな?
    とオレは思う。
    気を悪くしないでね
    あくまでもオレの考えだから・・・

  4. 惣菜ラングレー より:

    続き・・・・
    さ よ な ら U M I
    なぜ、このコーラは目に染みるんだろう?
    下皿一杯のコインがあふれないように左手で抑えながら
    Umiの頭の中にはそんな疑問が漠然と渦巻いていた。
    その瞬間、
    激しい嘔吐感とともに、
    身体中の神経と言う神経に旋律ともいうべき激痛が走った。
    『ま、まさか・・・毒・・・』
    硬直していく四肢と、遠ざかる意識の中で耳元でささやく老婦人・・・
    岸田京子のナレーションにも似た浮世離れした声でこういった
    『どう?トリカブトコーラの味は?・・・アタシのヒキをとりやがって・・・・氏ね』
    意識が、魂が、一歩一歩umiの身体から離れて行く。
    やがて、umiのかすんでいく視界のなかに
    名も知らぬ、一輪の、血の色にも似た真っ赤な花が・・・
    そしてその向こうには広大な富士の裾野に広がる樹海が広がっていた。
    END
    さて、仕事しよっと( ´∀`)

  5. G より:

    私は基本的に教えない派だな、教えるかわりにパンフレットを差し出す事は多いですが
    システムそのものを理解してないのは別に助けません
    0から自分で動いて色々わかっていくのが面白いんじゃないか
    そうやってアラジンAのビッグ獲得100枚から私もここまで来たんです(´-`)
    ただ揃えようとしても揃えられないで頑張ってる目押しとかは割と積極的に手伝います

  6. あんドう より:

    続き・・・
    U M I 、ふ た た び
    気がつくとumiとマダムはホテルカサブランカの一室にいた。
    「結局、避妊しなかったな・・」
    「妊娠しちゃったらどうするつもり?」
    「責任取るに決まってるじゃないか・・」
    「産んでもいいの?」
    「もし産んでくれるなら、二人で暮らそう。
    富士の裾野なんてどうだい?」
    「umiくん好き。愛してる・・浮気はしないでね」
    マダムは、umiの唇を強く吸った。
    umiは舌を絡ませて、それにこたえた。
    「愛してるよ、マダム」
    「あたしも愛してるよ、umi・・」
    続く・・・・・
    次回、
    見知らぬ天井
    さて、仕事しよっと( ´∀`)

  7. いっしー より:

    たしかに鼻からコーラを噴いた時は目にきました

  8. nanashi より:

    久しぶりに人間らしさあふれるの読んだ感じ´・ω・`謎
    僕は知らずに打った人が悪いから気にしなくておk
    なんていったら酷いですよね、なんか人間として(?
    知ってて言えなかったのはなんか後ろめたいっすね
    でも結果的にだけどすぐ挽回の機会も訪れて助ける?ことできたし・・・
    日本語でおkって感じに言うと免罪符おk!!セフセフ
    こういうのって正解はないと思います
    掟ツンヅさんみたいなケースもあるかと思います
    umiさんが信じたものを信じて行ったらいいかと`・ω・´
    次は一発でマダムに教えてあげられるといいですね(^ω^)

  9. umi より:

    しかしまぁよくよく考えてみれば今回のがおばちゃんじゃなく、ウザガキだったか教えたのか?
    と問われると返答に困るなぁ・・・
    やはり偽善か、はたまた・・
    まーくさん
    だよねぇ!!いきなり教えるのって無理だよね(A`)
    なんか知識をひけらかしてるようでさ・・
    うーん、俺は挽回できてラッキーだったのね。
    2112さん
    むぅ、たしかに照れもあったのかも・・
    あと、実際若いんです(><;)
    おばちゃん、黒い塊は見えたようなので比較的苦労せずって感じでした!
    掟さん
    ああ、その考えはよーくわかります(・∀・)
    気を悪くなんてしないので御安心をば。
    それをわかった上で、やはり僕には見過ごせませんでした。
    って感じだす。。
    惣菜さん
    正直、さすが・・ って感じ(マジ
    でも、仕事しましょうよ(´・ω・`)
    Gさん
    これについては人それぞれでしょうねー。
    正解なんてないんだし・・
    ただ、五号機はやはり初心者に不親切かなぁ。
    いや、押し順ナビ辺りから優しくなりすぎたのか・・・
    >アラジンAのビッグ獲得100枚
    ところで、これ、逆押しでもしてたんすかwww
    あんどうさん
     い い か ら 仕 事 し ろwwwwwww
    いっしーさん
    鼻からコーラとは・・いやはや、
    変わったご趣味をお持ちのようだ(A`) ニコッ
    nanashiさん
    うん、そうだよね。
    俺も正解はないと思うよ(・∀・)
    こういう風に色んな人が色んな意見を持ってて
    それをあーだこーだ話すのっておもしろいよね♪

  10. iwate より:

    (・∀・)イイハナシダネ
    5号機のコンセプトの中に「打ち手ごとの技術差を無くす」ってのがあった気がするんだけど、逆に開いてるよねw

  11. umi より:

    iwateさん
    (・∀・) タダノジコマンダヨ
    >「打ち手ごとの技術差を無くす」
    そうっすねwww
    四号機最後の方が全然差が付かなかった気がします。
    技術=ビタ押しだと思ってんのかなwww

  12. G より:

    いやJac中のランプナビを理解できずに全部順押ししてただけですw
    終わったあとも「100枚って少ないなあ、おなんか横のランプがいきなり光った。でもなんだろこれ?ペシペシ(順押し」みたいな
    そんなところからこのレベルまで上がってきたわけですw

  13. umi より:

    これはwwwww
    想像以上っすわwwww
    機械割50%以上削ってますな (^∀^)9m 
    アラチャン中もそれやってたら ネ申!!