4/25  flyaway

4/25  flyaway

さて今回のメンバーfly事件。率直な感想としては『やはり、こうなったか』といった感じで…

ぶっちゃけるとこの件に触れるのはあまり関係者のためにもよく無い事なのかもしれない。自惚れるわけではないが、このブログは決して少なくない人数に読まれているわけだし、下手をすると張本人の目に留まらない可能性も無いわけでもない。

でもだからこそ、僕は書こうと思う。これはある意味今回店を辞めたGさんに向けたメッセージでもある。

まずどこから書けばいいか…Gさんはこう書くと失礼だが、どこか少し普通とは違う人だった。何と言うか、人をイラつかせる才能を持っているというのか、行動、言動その全てが鼻につくのだ。それに関しては入社前より方々から噂…主にあまりよく無い噂であるが、そういう事もいくつか耳にしていた。だが、人手不足等、タイミングの妙によりとりあえず様子を見ようという事になって…

結果は危惧したとおりになったわけだ。

うちの店は手前味噌だが、客層に関してはズバ抜けて良いと自負している。それは何も店員の目が行き届いているからというわけではなく、恐らくは場所柄とレートの関係など様々な要因が絡み合っての結果なのだろう。とは言え、度を越えた方にはハッキリ言うところは言うし、そういう積み重ねで良い環境を作り上げてきたのも事実。僕のような賭博黙示録カイジが長く続いているのが何よりの証拠であろう。

しかしながら、その日本でも有数の温和なお客さん達をしてキレずにはいられないのがGさんだった。

 「こいつがいるならもう来ないから!」
 「気持ち悪いから打ちたくない」

かつてここまで言われる人がいたのだろうかと、逆に感心してしまうこともあった。尤も人の好き嫌いってのはどうしようもない部分もあって、誰から見てもマトモに思える人でも文句を言われる事はある。

しかしGさんの問題はこの先にあって…

 「最近立ち番が多いんですが、楽でいいです♪」

平気で僕ら同僚にこんな事を言うのだ。同卓(一緒に打つ事)させると不愉快で帰ってしまうお客さんがいるため仕方なく立ち番をさせているのに、Gさんはあろう事かその環境をおいしいと思うようになっていて、そしてそれを無邪気に話す。

 (あんたのせいで今月ボロ負けなのに打たされてんだけど^^;)

負担が増えてるこちらの身がどうとか、そういう部分に全く考えが及んでいないのだ。

無論本人に悪気があっての事ではないと思うのだが、しかしこの件もそうだし、行動に関しても何度注意しても直らない、直そうとしないその姿勢を見るにこれは昨今話題の「アスペルガー症候群」だったのではないかと、僕は今にしてそう思わずにはいられない。

それというのも、僕は以前より奥村隆さんによる「息子と僕のアスペルガー物語」という記事を読んでいて、内容は読んで字の如く「アスペルガー症候群=主にコニュニケーション能力に関する発達障害」を扱ったものなのだが、読めば読むほどGさんに当てはまる部分がたくさんあるのだ。

 「他人の感情がわからないからこそ」

著者は作中で何度もこの事が原因で起きてしまった自身の失敗談、体験談を語る。

 「他人の感情がわからないからこそ」

こう思えば、此度のGさんの所作にも納得がいくのだ。

 「…じゃないかと、思うわけですが」
 「そうだとしてさ、それをお客さんに一々説明するのか?」 
 「…ッ」

あくる日、いよいよ僕は上の人間にこうは言ってみたけれど、しかし全ては遅すぎた。

 我々は客商売をしているのだ。

大切なのはGさんに対する配慮ではなく、お客さんへの配慮。そしてそれにはGさんが変わるより他ない。それが出来ないのならば残念ながら客商売には向いていない。 

勿論そうは言っても管理者達は彼に散々注意を促した。変わるよう、変えるよう何度も、何度も。しかしGさんもその場では大仰に頷くが、五分後に同じ事をする。

 「あれぞ正しく馬の耳になんとかってヤツだな」

この繰り返しでいつしか管理者達は彼を諦めた。ハッキリ辞めて欲しいと言った人もいた。しかしGさんは頑なに辞めようとしない。じゃあ変わってくれと言っても変わる素振りも見せない。

 「…チーン」

この数ヶ月、これらの繰り返しで店の空気は決して良いものではなかった。敏感なお客さんはそれを察する。足が遠のく。上は頭を抱える。

全ては悪い方向に進んでいく。

言うのが遅すぎたのだろうか?もっと早くからアスペルガーの認識を持って接すれば結果は変わったのだろうか?

 (…いや、同じ結果だったろうな)

我々がどうこうというより、Gさんが変わらなければ意味が無い。だからいっその事こう言ってみようかと思った事もある。

 『気を悪くするかもしれませんが聞いてください。Gさんは自覚が無いかと思いますが…』

怒られるのを覚悟の上で、本人に直接アスペルガー関連の話をしてみようと思っていた。これに関してはさすがに事が事なので友人に言うべきか相談してみたが、辞めておけと笑われた。笑われたが僕は結構本気で言うつもりだった。

言わないほうが波風立たないのはわかっていたが、しかしそれでも言ったほうが彼の今後のためになると思い言ってやるべきだと思っていた。この店ではもう無理だろうが、今後… そのためなら憎まれ役を買って出るつもりでいた。たとえ余計なお世話と指差されようが。

ここらへんで気付いたのだが、僕も昔は散々っぱらKYだなんだ言われて空気を凍らせる事が何度もあった。たまたま環境とキャラのおかげで大事には至らなかったのだが、僕はGさんに昔の自分を重ね合わせているのかもしれない。或いは、一歩間違えば自分がこうなっていたかと思うと何か言わずにはいられなかったんだと思う。

だが、僕のそういう自己満足と義務感を満たす機が無いままGさんは飛び去ってしまい…

 (何がキッカケだったんだろう?)

アウト(店への一時借受金)が嵩んでいた訳でもないし、麻雀の実力的な話で飛んだわけではない。となれば、他人の気持ちがわからないと思っていたし、辞めろと言われても辞めなかった鋼鉄のハートの持ち主だと思っていたGさんでもいよいよ居た堪れなくなったのだろうか?それとも本当はアスペでも何でもなくて、単に精神の限界だったのか。いや、アスペでもそうじゃなくても「心の強度」は変わらないらしい。衝突が多い分、アスペの人の方が鬱病患者は多いぐらいだそうだ。となればやはり、その線が濃厚か…

何度も何度も注意しても反省の色が見られないんじゃそれも仕方がないが、やはりGさんをアスペだと認識した上でこれらの騒動を見ると少し可哀想な気もする。前述した奥村隆さんのコラムの最中にも何度も書かれているが、『本人には全く悪気がない』のだ。いや、むしろどうして怒られるのだろうと、この人達はどうして自分にこんな嫌がらせをするのだろうと、向こうからしたらそう思ってさえいたかもしれない。

Gさんは仕事は比較的キチンとこなすのだ。他の人が同じ事をしていたら評価されるぐらいに。それがあの言動や態度でこうまで180度違ったものになるとは他人事ながら恐ろしい。

今となっては後の祭りだが、認識のズレが生んだ軋轢だとすれば悲しい話だ。

Gさんが悪かったと言えばそれまでだが、見方を変えれば店が彼を抱えるだけの度量が無かったとも言える。

我々は客商売をしているのだから、何を優先させるべきかは決まっているが…

それでもGさんの今後を願わずにはいられない。一時でも関わった身として何か出来る事があったんじゃないかと、時折悲しい気持ちになる。

店を飛んだ翌日に「暇だ-」とかツイートしてるの見たときはさすがに呆れたけれど、いつかそういう事にも気付いて欲しいな。

コメント

  1. なまこ より:

    文の長さが積年の恨みを連想させるw
    俺の職場にも一人派遣のアスペさんが居たが、丁度一年で契約停止されてたよ。人をイラつかせる事に関しては別格で、本物はここまで違うかと唸らせてもらった。本人も好きでそうなった訳じゃないんだろうけど、被害をこうむるのは周囲だからな。

  2. 椰子 より:

    他人を変えるのは自分自身を変えるよりも100倍難しいです。というか無理ゲーかと。
    客商売に限らず、生きていくうえで大事なのは「自分に害をなす敵を極力作らない」事だと思ってます。
    Gさんのように自分が無意識なうちに敵を作ってる生き方は損だと思うし、縁があって同じ職場で時間を共有した人だから何とかしたいうみさんの気持ちもわかりますが、悲しいけど結局本人の意識の問題なわけで。
    店バックれてツイートするような人はほっといて大丈夫かと(;^^)
    僕だったら「勝手に生きて勝手に氏ね!!」って感じで最初から放置しちゃうなあwww

  3. そるてぃ より:

    文の長さが積年の…w
    まあ、何らかの発達障害なんでしょうね~。
    ただ、アウトオーバーしないでピンジャンのメンバーが勤まるレベルなら、アスペではないような…。
    (アスペさんには麻雀は無理だと思う)

  4. G より:

    多分そのひと瞬間移動能力持ちの多重人格者とかだったんじゃないかな
    だって俺そんなことした記憶ないもの(。・ω・。)ふとブログ見たらフルボッコされてたでござるの巻

  5. がせじろう より:

    パンチの効いたツイートしてるな
    >入社前より方々から噂…主にあまりよく無い噂
    この時点で採用しちゃマズいでしょ
    麻雀のお店の繋がりは知らないけど、パチ屋でバイトしてた時に俺の2000円札パクってバックれたバイト(他にも余罪有り)は他の店に「こういう事をした人なのでもし来ても採用しない方がいいですよ」って近隣の店に連絡してましたよ

  6. たっつん より:

    その人の事をしらないですが、他人がアスペルガー症候群と決めつけるのは、いかがなものでしょうか?
    病院での診断があったのでしょうか?
    本人が、私はアスペルガー症候群ですって言われたのですか?
    普段楽しくブログ読んでますが、今回は、疑問を持ってしまったので投稿しました。

  7. 匿名 より:

    ↑のたっつんさんの意見に同意です。
    会社に同様の部下がいるけど、診断結果は兆候があり、経過観察とのことでした。
    申し訳ないけど、関わらないのが身のためかとw

  8. umi より:

    >>nannacoさん
    積年の恨みてwデリケートな問題だから、色々気を使って書いてたら長文になっちまったよ><これでも全容の1/3も触れてないぐらいだし。
    どんな綺麗事言おうが最後の一文が真理だよな。
    >>椰子さん
    変えようとしてるというより、まずはこういう事例があるという事を知ってもらいたかったのが正直な所です。この人が本当にアスペかどうかは定かではありませんが、もしそうだとしたら認識した上で周りの理解が必要だという事を奥村さんは訴えていましたので… 本人の意識の問題にしても、知らないものを意識しろというのは無理な話でしょうし。
    ツイートに関しては本当にこのアプリを見てると口は災いの元だなーって思っちゃいますね^^;
    >>そるてぃさん
    アスペかどうかってのは、あくまで僕の体感と比較での話しなので実際はどうだかわかりません。
    >(アスペさんには麻雀は無理だと思う)
    ただ、これは初めて聞きましたけど…?何もサヴァンってわけじゃないんだし、軽度のコミュ障程度なら麻雀ぐらい出来るんじゃないっすかねーと思うんだけど、その程度だとアスペって言わないって事かなぁ?
    >>Gさん
    発言見て違う人の書き込みだと思ったらGさんで驚きました。誰と勘違いしたかは言いません。
    >>がせじろうさん
    うーん。一応、PC作業などの腕も買われて、とか上の人間のコネもあったりなかったり…とね。
    というか、入社してから数ヵ月後に以前勤めていた店から辞めたって聞いてないんだけど、どうなってんの?とこちらが悪者扱いされたりと、そういう他にも書いていない「ちょっと普通じゃ考え辛い事」もたくさんありました。
    >>たっつんさん
    逆に聞きたいのですが、他人がおかしいと言わない限り何も始まらないのでは?
    特にこの手の話は「本人に悪気は無いのに」(少なくとも、そうじゃなきゃそれはそれで問題)周りと軋轢が生じているのが問題なわけですし…
    決め付けに関しては僕の主観ですので当然間違ってる可能性もあります。それに関して不快な思いをさせてしまったのであれば申し訳ありませんが、なんにせよ、ここまで僕以外の人間にもおかしいと言われている人に対し何らかの意見を述べる事が僕は間違いだとは思いません。
    今回書いてない(というより書けなかった)事例もたくさんあります。現実に迷惑を被った人がたくさんいるし、以前までの話を含めこのままでは今後同じ事が起こる可能性が高いのです。ソレに対し何らかの私案を投じるのは間違いなのでしょうか?
    特に親しい間柄でない僕が言うなと言われればそれまでですが… 一応そこはGさんと親しい間柄の人に伝えておきました。
    熱くなってるように見えるのでしょうが、僕もこの件に触れていいのか迷った上でおっかなびっくり書いています^^;後で店から怒られるかもしれません。他人をどうこういう資格がないのはわかってるのですが、本文中でも書いたように自分がこうだったらと思うと遣る瀬無いわけですよ。僕はたまたま理解ある先輩達に助けられた部分が大きいと思ってますし、今回は仕方ないとして、「今後」を考えたいんです。
    そんなわけで、たっつんさんが疑問に思われるのも何となくわかります。まだ何か思うところがあったら是非言ってくださいまし^^
    >>名無しさん
    医者も簡単に診断できないデリケートな問題ですものね。ただ、僕もこれを書くにあたってそれなりにアスペの事を調べましたが… う~ん。あれだけ他人の神経逆なでする人間がそうじゃないとは思いたくない部分もあるんですよね。当てはまりすぎている。
    関わらない方がいいとは周りからも言われました。でもこういうの僕昔から無視出来ないんですよ…たぶん自己満足の鬼なんでしょう。浅ましい限りです('A`)