10/31  せやから言うたろう

葉加瀬太郎のコンサートに行って来ました。

関係ないけど…無いか?いや、ちょっとあるんだが、この画像の元漫画「情熱大陸への執拗な情熱」という漫画が面白いので是非どうぞ。→オモコロというサイトで読めます

なぜか知らないが葉加瀬太郎がちょっとだけ身近に感じられるようになるかもw?

前からこの手のクラシックコンサートに行ってみたいとは思ってたのですが、先日の娘のマーチング大会で見た「小学生」の生演奏を見て、やっぱりライブは迫力が違うな~とその欲望は高まるばかり。そんな折、ちょうどいい事に葉加瀬太郎のツアーが静岡で行われるとあらば行くっきゃナイト♪

 (・・・うむ!)

とりあえず感想から先に言わせて貰うならば、
 

腰が痛い…(´;ω;`)
 

静岡市民文化会館なる古い建物で行われた今回の公演。大ホールは1968人収容可能で、ほぼ満員。お世辞にも設備が良いとは言えない場所で、隣との間隔が狭い中硬い椅子に三時間ほど座りっぱなしの僕の腰は限界でした。痛くて座っていられないのです。

最近、痛み止め無しではどうにもならないレベルにまで来ている僕の腰… 

先日注文したエルゴヒューマンは週末にようやく届いたのですが、こいつはあくまで予防でありこれ以上の悪化を防ぐためのもの。なんとか痛みの原因を取り除かなければ始まりませんな。

残念ながら整骨もブロック注射も薬もストレッチも全部一時的なものにしかなりませんでした。いよいよ禁断の筋トレに手を出すしかないのだろうか…
 

で、話は戻って葉加瀬太郎コンサートなんですが、なにぶんこのようなコンサートは始めてで…もっと鼻をすするのも躊躇われるぐらい厳かな雰囲気の中、一流の奏者の奏でる旋律を楽しむ場所と思っていたけど全然そんな事はなかった。本人がとにかくよく喋るしw、パーカッションや寸劇、出演者全員によるパフォーマンスなどどちらかと言えばエンターテイメント寄りで、「情熱大陸」でお馴染みのあの曲が流れた時は全員立って大盛り上がりだったぐらい。ある意味でクラシック初心者には入りやすいのかもしれないし、本人もそういう風に敢えて垣根を低くしているのかもしれません。

そんな中でも一際おや、と思ったのが「物販」のコーナーで、葉加瀬本人によるCMがすごくて笑ってしまった。本人曰く「いつもこう」=休憩前に10分ぐらい宣伝する=らしい。ここでの売り上げが儲けに直結するんだろうなぁ~と勘繰ってしまうぐらい、自身のレーベルという事で葉加瀬さんも本気度が違うなという印象だw

商品の一部を紹介すると、靴下である「靴下履かせたろう」。ピッタンコカンカンとのコラボとかなんとか?

それからマラカスのような音が出る「ハカシェイカー」、野菜ピーラー(!??)の「野菜剥かせたろう」。それから代表曲のエトピリカを捩った「エトピリ辛カレー」にサイリウム代わりの羽根扇子 カラフル12color イエローと、ギャグセンスと値段と共になかなか攻めている充実のラインナップw

 「来年は『枯れ木に花を咲かせたろう』で肥料とか売るんじゃね?」

と妻に話すと、隣のご婦人が噴き出した。今日一の手応えだ^^

と、思った以上に親しみやすい葉加瀬ワールドに惹き込まれた僕らであったが、やはりというか本業の音楽は素晴らしく…素晴らしく、素晴らしい。

いや、凄いというのは何となくわかるんだけどさ、

 (…言うほど俺、音がわからんのだよな(;^ω^))

耳障りがいいとか、なんかそれらしい感想はあるにはあるのだが、例えばちょっと上手い大学生が弾いた物と比べてみろと言われると自信はないw

ぶっちゃけると世界の葉加瀬、それから日本を代表する演者達の生演奏を聞いたらこんな僕でも心に響くものがあると思った。わけもわからず涙が出てきたり、瞬きを忘れるぐらい聴き蕩れてしまうんじゃないかと…

初めてエレキギターに触れた日々ロックのような、そんな感動…

 (と、言われてもなぁ… (´・ω・`))

豚に真珠、俺に葉加瀬だよ。

申し訳ないがまだその領域を理解できるレベルじゃなかったwだがそれが悪い事だとも思わないし恥ずべき事でも無いはずだ。


音を楽しむと書いて音楽。さあ次は演劇でも見に行ってみるかね。じじいになると、こういう文化に触れたくなるのは何故だろう…

コメント

  1. kenji より:

    暇があるっていいよねぇ(*´•ω•`*)…

  2. 三重県人 より:

    3時間クラシックは寝る自信があります。
    椅子の写真見て思ったんですが部屋が綺麗に片付いてそうですね、

    カレーは一食分でその値段なんですかw?
    CD売れなくなってミュージシャンが大変そうなのは
    どのジャンルでも変わらなそうですねぇ。

  3. ヨシホイ より:

    靴下はかせたろう・・くそww作成者の思いついた瞬間勝ったという顔が浮かんでくるぜ・・

    音楽は人それぞれ好きなジャンルも違いますものねクラシックで涙する人もいればパンクロックで痺れる人もいる心にグッとくる歌を歌ってくれる奈々ちゃん・・の人は音楽というよりドルオタか?
    ちなみに僕が初聞で震えたのはロマサガ3の四魔貴族バトル音楽w

  4. 愛知のクマ より:

    クラシックはずーっと聞いていると眠くなりますが、知っている曲なら楽しそうですね。
    昔ハマっていたゲーム曲なら当時の曲が頭に浮かびそう。
    ヨシホイ様のおっしゃる通りRPG系はボス戦の曲が熱いっす!(°▽°)
    個人的にはニーアオートマタのコンサート行きたかったなぁ〜(^ω^)
    愛知はゲームのコンサートあんましやらないので。
    なお、妻は元劇団員なので妻と交際してからたまに見に行きます。(*゚∀゚*)
    映画と違いリアルな緊張感や息遣いが良いですよ。
    但し、金額が少々お高く、有名人の作品は万超えしますので、アマプロぐらいの3000円くらいの作品が最初はおススメです。
    人間誰もが最初は素人(スロ、パチ、雀しかり)なので、自分の趣味に合うなら探求するのもアリですね。
    堕落blog銃苦あたりではゲートボール専門ブログになっていたりしてw

  5. umi より:

    >>kenjiさん
    奴隷の鎖自慢みたいのやめーや(‘A`)
    暇を作るのが能力やで(ドヤッ

    >>三重県人さん
    実際僕も途中でウトウトしてましたw
    部屋は綺麗ですよ。妻が物を置きたがらない主義なので…僕はもっと乱雑な方が好きなんですがね(´・ω・`)
    その妻もカレーに関しては同じ感想を持っていましたwもちろん一食分のようです!

    >>ヨシホイさん
    作成者は安住アナらしいですよ?ぴったんこカンカン内でのアイデアとか言ってましたw

    音楽は好みがありますもんねー。でも僕クラシック好きなんですよ、葉加瀬太郎も血行聞いてますし。それでこの体たらくです>< 自分もゲーム音楽が好きで東方の原曲ばっか聞いてます。RPGには名曲多いですよね、だからこそRPGはポケモン以外やった事ないのが無念ですたい>< ゲーム音楽コンサートとか見かけた事あるから今度行ってみようかな♪

    >>愛知のクマさん
    そう、知ってる曲じゃないとついていけないってのが結構ありますよね… 高尚というか、敷居が高く感じちゃうのはそこなんですよ。その点ゲーム音楽は入りやすいので自分も行ってみたいです!知ってるゲーム音楽のコンサート、と言うほどゲームやってないから知らんな(;^ω^)ロックマンとか無いかなぁw

    演劇もまた敷居が高い気がしますが、仰る事はそのまま飲み込めたのでアドバイス通り安すぎず高すぎない辺りから攻めてみたいと思います。比べて見てみようってぐらいハマれれば楽しいんでしょうが、そこまで興味を惹かれる作品があればいいなぁ…

    多分来年辺りに堕落ブログのナンバリングがまた変わると思いますが、6…なんかありますかね。8か9ぐらいで彫刻などの芸術特化に入ると思いますのでゲートボールは気長にお待ちくださいw

  6. 三重県人 より:

    ロープレほとんどやってないんですね。
    ドラクエ発売日の行列直撃世代に近いと思うんですが意外です。

    ヨシホイさんが仰ってる中でこれとか
    https://m.youtube.com/watch?v=psjw3rpAg3c
    たまに聞くと未だに軽くゾワっときます。バトルの入り方とか最高。

    こういう話してると子供ながらにFFのサントラ買ってたの思い出しました。

  7. umi より:

    >>三重県人さん
    おー。これはいいですな!音楽もいいけど竜に乗って闘いに行くという演出がまたいい(゚∀゚) 
    昔友達がプレイしてるのを見てて「メテオ!」と自爆のように唱えるシーンがあったのですが(FF?)あれが強烈に印象に残っています。きっと、音楽も聴いたら一緒に思い出すんじゃないかなぁ。場面との兼ね合いも相乗効果を生み出してますよね!

    ドラクエとかはなぜかやりませんでしたね。ロックマンXの発売日に並んだりはしてましたが、そこまでゲームやってなかったのかな。