7/23  謎の漫画X

少し前に見かけた、雑誌を飾っていたイラストが頭にこびりついて離れない。「なんとかちゃんなんたらかんたら」というタイトルだったと思うんだけど、コンビニで見かけただけで後は知らん。さすがにこの情報だけでは検索もままならず・・・ 

気になって仕方がなかったのでしゃあなしと一番設備の良い漫画喫茶に探しに行く事にした。

 (あった)

なるほど、月間アフタヌーンか。アフタヌーン系の漫画は単行本でしか読まないので見当もつかなかったぜ。さて件の漫画のタイトルは「大蜘蛛ちゃんフラッシュバック」だったようで、これも想像の斜め上だった。なんだ大蜘蛛って・・・

 (ナイス地味メガネ!)

最近特に書く事も無くなってきているが、老いてなおメガネっ娘好きの性は変わっていない。娘が近々弱視からメガネをかけるそうだがちょっと嬉しい^^

それはさておき、「大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック」なのだが・・・地味メガネちゃんが甘酸っぱい青春ラブストーリーでも奏でてくれるものかと思い読んでみたらあーた、、

 第一話試し読み → http://afternoon.moae.jp/lineup/794

記憶混線、理性混乱!
この想いはエキセントリック!!

僕には時々、あるものが見えるんだ。
それは、母さんの高校時代——!
JKと母親——幻覚と現実の狭間で生まれる
やり場のないこの感情はなんなんだ!?

そんなわけで、僕は煩悶の毎日なのです……!!

 (おいおいおい、まさかの実母物かよ(;^ω^))

で、この作者さん過去に「謎の彼女X」という作品を連載していたらしいが…あれ?俺、これ知ってるな。確かヒロインの唾を舐めたり舐めさせられたりする謎のラブコメで、それから…

化物語の戦場ヶ原さんの元ネタとも言われているんだよな(大嘘)。

勝手に昔購読していた月間エースなどで連載されていたものだと思っていたが、どうやらこの漫画もアフタヌーンで連載されていたらしく…では一体僕はどこでこの漫画を見たというのだろうか?アフタヌーンを手にしたことがそもそも無いはずだが、もうその記憶すら怪しい。こうやって記憶ってどんどんごっちゃ混ぜになっていくのだろう。

大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バックは正しくその記憶が鍵を握る作品で・・・簡単にあらすじを説明しちゃうと、なぜかある時を境に亡き父の記憶(主に母=旧姓:大蜘蛛ちゃんに関する記憶)がフラッシュ・バックしてしまうようになり…記憶だけじゃなく父の感情までが移ったせいなのかはわからないが、母に恋してしまうという話。

 (ニッチすぎるだろ(;^ω^))

煽りで「男子は(若い)お母さんがだ~い好き☆」なんて書かれているが・・・いやいやいやw 普通、家に帰って母親がブルマの食い込みを直してる場面に遭遇したら家出するって。禁忌っちゅーか、どっちかというとこれは本能で避けちゃう部分だろ~。

果たしてこの漫画がどういう終着点を迎えるのか非常に気になるので思い出しては読んでみようと思うが、そう思わせた時点で勝ちだろうよ。そんな真新しい設定と言う気もしないが、なぜか気になり僕は煩悶の毎日なのです……!!

NO IMAGE

7/10  血塗られた剣

サンダーという工具がある。実際は恐らくグラインダーなのだろうが、うちの社長さんやら先輩方がみんなサンダーと呼んでいるのでそれでいい。 ...