4/10  いざ鎌倉

4/10  いざ鎌倉

 (思い返せば湘南に四年も住んでいたわりに、鎌倉にはついぞ一度も行かなかったなぁ…)

離れてわかる良さというわけではないが、そういえば…と、今になっていろいろ思う事もある。

これもいつでもいけるという慢心が生んだ悲劇か、それこそ自由に潜む不自由の仕業なのか。電車で三十分もかからない距離だったのに。魚君と引っ越した当初は休みの日に大仏見にいこーぜ、なんて言ってたのに…。う~ん。どうしてだろう。

 「じゃあ行こうぜ」
 「行きますか」

いつもの先輩と話していたら、いつの間にか鎌倉に行く事に。この身軽さこそ僕の真骨頂であり、定職に就かない(就けない)この生活唯一の利点でもある。出不精なので、一人じゃ滅多に動かないけれど。

せっかくなので、箱根で一泊してから鎌倉に向かうことにします。

今回は共通の友人であるWさんもご一緒に…と、二人とも年上なのだが、こういうとき紹介の仕方に毎回迷う。果たして年下の僕が彼らを「友人」と言って失礼ではないものなのかと、しかし「知り合い」というには他人行儀すぎる。或いは何の捻りもなく「先輩」と言えばいいのだろうか?だけど先輩ってのも間違っちゃいないんだが、何かこう、引っ掛かるなぁ。

1_2

モヤモヤを抱えたまま、まずは箱根神社。節分以来だけど、さすがにこの時期に行っても…って相変わらず人多いな。年中問わず箱根には中国語が響き渡る。写真を撮ってもらおうと近くにいた人に話しかけたら突然異国語でジェスチャーされたし、本当に石を投げれば外国人に当たる地域になっちまったなー。

うみ君という虚弱体質が車酔いでノックダウンしてしまったため、あまり他へ寄らずに宿へ直行。ゲームは元より電車でもたまに酔うからなぁ…。他人の運転する車に乗ったのは久々だったけど、やっぱり駄目だったぜい(‘A`)

4

さて、今回の宿はより少しグレードを上げてみました。値段にすると6000円ぐらい上がっただけなのに、宿の質というか、格というか、とにかくお値段以上に満足度は跳ね上がった印象。

やっぱり遊ぶ金はケチるもんじゃないのかもしれない。これはケチな自分の一人旅では絶対に気付く事の出来ない貴重な体験である。こういうのがあるから価値観の違う人との付き合いは大切なんだよなー。

2

麻雀物語(4号機の)に出てきそうな、これぞ温泉宿という感じの宿。年度初めのド平日って事で、空いていて快適だろうと勝手に思っていたのだけれど、案外客は多かったり。なんでも、この時期は桜を見に来る人で賑わうとかなんとか。風情があってよろしいね。

3

料理もさすがの一言。「好き嫌いの激しい海原雄山」と称される先輩も大満足の食事でした。

 「たった五、六千円でここまで変わるものなんですね」
 「だな、こうなるとこの上のクラスが俺は気になって仕様がない」

先輩との会話。今回感じた事なのだが、きっと僕は一万円の宿でもそれなりに満足出来るんだろうけど、それはやっぱり一万円の満足であり、二万円の宿には二万円の満足があるわけで。そして二万円の満足を知った今、一万円の満足というものは果たしてどういう感じ方になるのだろうか。きっと、いや、間違いなく前とは違うはずだろう。贅沢が怖い。

先輩がるるぶの四万円の宿のページをずっと見ていたのが気にかかるが…

5

 (おお…見覚えあるぞ、ここ!)

翌日、鎌倉。鶴岡八幡宮の大鳥居の前で記憶を確かめる。僕は鎌倉には過去一度、小学校の修学旅行で来たことがあるのだけれど、その時には違いない。ただ、記憶の中では大仏の印象しか残っておらず、鶴岡八幡宮の事などすっかり忘れていたのだが…

 (懐かしいなぁ!)

この門構えを見て完全に思い出した。ある!来た事があるぞ、ここ!実に小学六年生以来だ。懐かしいなー。しかし出雲大社に作りが似てんなぁ、ここ。

6

境内にある御神木(?)の大イチョウ。強風で倒れてしまったらしいのだが、この期に及んでまだ「がんばれ!」とか、鬼かオノレらはw

7

鶴岡八幡宮から歩いて20分ほど、距離にして2km弱に位置する「報国寺」。別名、竹寺へ。ここへ来るのは初めてだけど、なるほど、小学生の時に来てもきっと良さはわからなかったろうな。

8

その名の通り、竹、竹、竹。

9

竹林を抜けると、そこは茶屋だった。

10

 「けっこうなお点前で」

人生初の抹茶体験。想像していたような形式ばったものではなかったものの、竹林の中で飲む抹茶と言うのもまた乙なものでさぁ。想像していたよりずっとまろやかで飲みやすかったけれど、さすがに観光客用にそうしてあるだけなのかな?お茶屋の末裔としては、いつか「本物」を体験してみたいものだ。

この後大仏も見に行ったけど…うん。思い出は思い出のままにしておく方がいい場合も結構多い。

コメント

  1. ヨシホイ より:

    おはようございます。
    僕も修学旅行は鎌倉でした。思い出なんて夜の宿でトランプのカブやった事くらいだなぁ。
    修学旅行ってサイレントヒル県は無条件で鎌倉なんですね?鎌倉付近の人は大仏みてもしょうがないだろうしどこいくんだろ?

  2. 椰子 より:

    鎌倉ですか。
    思いつくのが鳩サブレーとしらす丼くらいしかない自分は発想が貧困なんだろうなw
    一泊20kの宿なんて昔じゃ考えられなかったけど、少しは経済的に余裕がある今なら競馬やスロにだけ金使ってないでこういう事にも使わないといけないんだろうなあ。
    とかカキコしつつ昨日も北斗で負けましたw
    仕事帰りに打って短時間しか打ってないのに3日で90k近く溶けてます(;´д`)

  3. ( ・ω・)y-~~~~ より:

    世の中新年度で大忙し、半島やるやる詐欺で大騒ぎの中、スマップみたいにゆっくり高級温泉たんのうかぁ(;^ω^)
    真の勝ち組は違うなぁ(´・_・`)裏山

  4. 一男太郎 より:

    やっぱり値段が違うってことはそれなりに理由があるってことなんですよね・・・・
    と高級デリヘルを呼んだ後に格安デリヘルを利用して思うのであった

  5. umi より:

    >>ヨシホイさん
    静岡は東京鎌倉がちょうどいい距離だもんね。国会議事堂とか後楽園遊園地のタワーハッカーとか懐かしいな
    >>椰子さん
    概ねその認識で間違ってないかと思われ…って言うほど鎌倉知らんしなぁ^^;観光地らしい観光地って感じでいいところでした。
    僕は今週その倍溶けてるのでご安心を
    >> ( ・ω・)y-~~~~さん
    大事なのはどこへ行ったかじゃなく誰と行ったかです。
    >>一男太郎さん
    真理