12/14  蕎麦 焼畑

12/14  蕎麦 焼畑

先日、静岡蕎麦フェスタなる蕎麦好きの祭典があり妻に誘われ行ってみたのだが、そこでとても美味い蕎麦に出会った。僕如き駆け出しはまだ知らなかったのだが、後で聞けばこの蕎麦を打っていた大将はここらでは結構な顔だそうで。

そんな事とはつゆ知らず、蕎麦打ち実演をしながらジャパネットタカタばりに熱いトークを繰り広げる大将の話に耳を傾けていた。

Img00786

後日改めてその大将のお店へ覗ってみると、その時以上の衝撃が僕を待っていた。これは本気で美味い。蕎麦にハマるきっかけとなったあの衝撃の再来と言っても過言ではなかろう。いや、実際あれ以来慣れというか心の備えが出来てしまったというか、あの時のような心から感動する美味さへの衝撃は以後どんなお店でも味わう事が出来ていなかっただけに、ここの蕎麦の美味さは一段飛びぬけていたのだろう。

この蕎麦の美味さはマンネリ化しつつあった僕の蕎麦熱に再び火を付けてくれた気がする。そしてこの美味さに加え、大将が結構な顔だという事も知った僕は多少崇拝に近いものさえ感じる事となった。

さてそんなある日、久々に会った悪友と食事をする事になった際に僕は是非にと彼をそのお店へ連れて行く事にした。

このお店は不定休らしく、妻が言うには結構な頻度で開いていないそうだ。何でも大将が蕎麦の食べ歩きのために全国様々な場所へ飛んでいくのだとか…。ううむ、恐ろしいまでの情熱。

しかしその日は運よく店が開いていた。

 「十割蕎麦ってまだありますか?」
 
さっそく前回食べて感動した数量限定の蕎麦をまだ注文できるか確認してみる。すると奥から大将が話しに加わってきた。

 「今日の十割はさ、ちょっと値段高くなっちゃうんだけど…でも是非食べほしい」
 「え?いつものと何か違うんですか?」
 「今日のはね・・・やきはたで作った蕎麦が特別に入っててね!」
 「やきはた?」

およそ聞き慣れぬ単語だが、僕の知ってるやきはたという単語はあの「焼畑」農業のやきはたしかないが…??

 「やきはたって…あの焼畑ですか!?」
 「ええ、これ全国どこ行っても食べられる人滅多にいないからツイてますよあなた!」
 「ほう」

僕の質問が軽やかにスルーされたような気がしないでもないのだけど、とにかく大将のテンションの上がり方からして相当な逸品のようだ。頼まないわけがない。

 (しかし焼畑と蕎麦にどんな因果関係があるんだろうな?)

僕としてはチンプンカンプンだけど、大将は何をどう勘違いしたのか…或いは『いつもの』と何が違うんですか?という質問が良かったのかもしれないが(それにしたって僕はこの店に来るのはまだ二度目だがw)…以後、僕にあれこれ色々と話しかけてくる。大将の専門的な話はほとんどわからないが、蕎麦界の大御所(と勝手に思ってる)に話しかけられて駆け出しの身としては悪い気はしない。

というか、これだけの熱量を持って話しかけてくれる人に対し今さら「僕何もわかりませーん^^」とはいえる空気ではない。

恐らくは僕の発する玄人臭を敏感に嗅ぎ取り話しかけてくれたに違いないという責任を感じないわけにはいかなかった。
わかる人にはわかってしまうのだ、きっと!

バレないようひたすら当たり障りのない受け答えに終始する。

 「驚いたよ。店主と相当心安い関係なんだな?あれならおまえのいつも言ってる『大将、いつもの』なんて出来たも当然じゃない」

店を出ると気持ち上気したような様子で悪友が話しかけてくる。無理もないか、傍からすれば蕎麦界の大御所と渡り合っていたようにしか見えなかったろうしな。

 「ふっ…ところで、やきはたってあの焼畑だよな?」
 「えっ?」

家に帰ってから「蕎麦・焼畑」で調べてみると結構上位に大将が特集されたテレビ番組が載っていた。大将としてはそれを見てきてくれたという体で話をしていたのかもしれないが、何にせよ失礼な事をしてしまったものだ。

件の蕎麦は確かに一味違う美味さであった。大将が「大変貴重な蕎麦なのでぜひ周りの人に自慢してくださいw」と言っていたので書くけれど、出来ればこの日記が「蕎麦・焼畑」の検索で大将の目に留まらないことを願うのみだ。

コメント

  1. ヨシホイ より:

    あ、あかん!兄さん!「やきはた 蕎麦」で検索するとgoogle先生の所で上から3番目でっせ!!
    僕は同じ麺ならラーメン一択!よく好きな食べ物子供みたいと言われますw

  2. kenji より:

    大将、いつもの
    をねらえるチャンスですが
    十割そばは限定なのに
    いつものコールが出来るのか…ってとこですね
    今日は強チェリーから
    綺麗なリカちゃんが出てきて
    わかってるだけでも7ストック取り切れませんでした

  3. ( ・ω・)y-~~~~ より:

    日本に出回っている蕎麦の9割は中国産やで。
    清水港に砂利運搬船みたいなので持ってきてる。荷主は長野って所がイイネ!(;^ω^)
    蕎麦作る所からやってみては?原種に近い蕎麦は栄養価が凄いらしいよ?その分味がワイルドになるので通好みになるかも。

  4. 匿名 より:

    うーむ、ぜひその大将のお店が知りたいですな!ヒントよろです。

  5. あおめがね より:

    ggってみましたが美味そうなお店ですね。暇があったらいってみます

  6. 椰子 より:

    麺類の中では蕎麦が一番好きなのに、最近ラーメンかスパゲッティしか食べてない事に気付きましたw
    それなりに美味しいところは知ってるつもりなんだけど、近場ではないので足が遠のいてしまっている現状。
    そりゃあ平日は仕事後にパチンコやスロット打って、土日は朝から競馬場行ってたらそんな暇ないよなあ (´・ ω・`)

  7. kenji より:

    解析みたらオヤシロ目だったでござる

  8. のっぽさん より:

    5kmのマラソンに出て300人中270位でした。後ろには年寄りと太った方ばかり。
    足ではなくて背中が筋肉痛(><)

  9. ひろたかし より:

    自分10代の頃はうどん派だったけどら
    20代になってからはそばっすな〜〜
    ギャングキングそれから
    ひき変わったっしょ笑
    年末は都内来ないのかなぁ?

  10. umi より:

    >>ヨシホイさん
    ん?今その通りにやったら見当たりませんでしたが、そんな事があったんですか??どちらにせよ、この日のタイトルで検索すると2ページ目に来ちゃいますけどw
    ラーメンは… キツイといいつつ静岡戻ってきてからまた食べるようになっちゃったなぁ。都内に比べて外食できる場所が少ないんだよな><
    >>kenjiさん
    十割食べた後に二八食べてるから、その一連の動作を含めて「いつもの」と認識してもらえたら嬉しいワン!でもあの感じだと通えば今までのどの店よりもイケそうな感触はある!
    綺麗なリカちゃんってなんの機種の話だ?と思いましたが、追記見て納得w前作からの世界観の変化についていけないんですけど、あれは一体何があったんですかねw?
    >>( ・ω・)y-~~~~さん
    それ立ち食い蕎麦とかの話でしょ??少なくとも焼畑製法を守っていこうと尽力している人に対して言える台詞じゃありませんね。
    蕎麦打ちはいずれ趣味が高じてやるかもしれませんね。文中の大将も僕くらいの歳に一念発起して脱サラしたらしいですし。
    >>名無しさん
    ヒントどころか文中のLINK先の番組紹介ページにお店の住所載ってますよw
    >>あおめがねさん
    是非!ただ、結構な不定休だそうなので気をつけてくださいね!遠くから来るのは結構リスキーな店かもしれませんw
    >>椰子さん
    ラーメンかスパゲッティって…ピザの食い物じゃないですかやだー!!つーか、なんかスパゲッティって久々に聞いたなwパスタってみんな言うけど何が違うんだろう(´・ω・`)
    >>のっぽさん
    榎木「お疲れ」
    背中が筋肉痛??よくわからんけど相当全身に無理が祟ってたんでしょうねw
    >>ひろたかしさん
    食生活の変化によるヒキの変化か…面白いテーマだな。気にした事なかったぞ。でも地獄の十年の間にラーメン→蕎麦となり炭水化物を抜いてと色々やったけどひどくなってくばかりでしたw 効果の程は怪しいとしかw
    年末都内行きますよん。某谷の某雀荘に行けば会えるかもしれませんな!

  11. 椰子 より:

    体重3ケタ間近のピザなんで無問題ですw
    早死にしないよう、月3回か4回までと決めて食べてますけど死ぬときゃ死ぬんだし好きな物食ってとっとと死にます^^

  12. kenji より:

    煌は単なる萌えエロアニメで
    まったく別の時空ですよw
    パスタとスパゲティの違いは麺の形状
    ダタトキオクシテルヨ

  13. umi より:

    >>椰子さん
    カミュ「…いや、もはや何も言うまい」
    >>kenjiさん
    外伝なのか。まあそりゃそうだろうなwしかし謎解きしてる風でもないしなぜこれをひぐらしでやろうと思っちゃったんだろうね… 
    パスタとスパゲッティって麺の形状違うんだ?気にした事もなかったわ