6/25  サポータープ公

6/25  サポータープ公

この十数年ジャンプやらマガジンやら読まなくなってた時期は多々あれど、ついぞ一度も間を開けずに読み続けてきた雑誌があって…

 「近代麻雀www」

麻雀劇画という、麻雀牌さえ使えば何をしてもいいという暗黙の了解がある謎のジャンル。最近は麻雀牌さえ使わない漫画さえ出てきたが、なんというか古き良き時代のなあなあさを現代に引きずってる最後の昭和物件なのかもしれない。そう思うと憎めない。

今やパチンコもエロ業界も雁字搦め。未だこんなのが商業誌で許される(?)って凄い事だと思う。

ちなみに上のパロ漫画を書いてる作者、パロが上手すぎたせいなのか転生したらシティーハンターの世界だったという「今日からCITY HUNTER」を夏から別の雑誌で連載するそうだし^^;

だがこのナアナアさも度を過ぎれば単なる悪ノリというか、そこらへんのバランスが難しい。麻雀牌さえ出せば「何をやってもいい」が、何時の間にか麻雀さえ絡めれば「何でもいい」に格下げされているようで、余りにもワケのわからんつまらん漫画が増えすぎている。

ある種近代アートに対する気持ちに似ている気がする。奇抜さがウケてるうちはいいが、次第に客を置いてけぼりにした作り手達のオナ○ーになっていくアレ。

まあたまに挑戦するぐらいならいいんだけれど、今やベテランの良作を打ち切りにしてまでこんなワケのわからんコラボ漫画ばっかってんだから小言も言いたくなるさ。

少し前、麻雀小僧という名作があった。


麻雀小僧 16 完結 (近代麻雀コミックス)

↑のアマゾンリンクだと16巻「完結」と書かれているが、なんて事ない。作品はまだまだ続いている最中だった・・・つまり打ち切りである。

昨今近代麻雀でマトモに麻雀をしている作品は「鉄鳴きの麒麟児」と「麻雀小僧」ぐらいで、他は超能力バトル系だったりなんちゃって風刺系だったりと、正直読み飛ばして良いレベルのものばかり。それらが残ってなぜ麻雀小僧が打ち切りなのだ…と心底思ったのだが、最近とある掲示板()でこんな噂を聞いた。

「小僧の続きkindleで無料で見れるよ」と。

後書きで本人が語ってたので続きをwebで連載するとは知っていたが、いつの間に再開してて…そして無料とな??まさかと思って調べてみたら本当だった。kindleについては今更説明するまでもないだろうが、そこでkindle unlimitedという読み放題サービスがあるらしく、押川先生の漫画はほぼ全てがその対象らしい。

そしてkindle unlimitedというサービスは初回一ヶ月無料期間があって…あとはわかるな?

そう、初回一ヶ月であれば麻雀小僧の最新話から過去の名作達、それから「レッツゴーなまけもの」の最新話まで全て無料で読めてしまうのだ!

そして無料期間が終わった後も、月額980円でこれらは読み放題となる。普通に買うと一話250円するので何ヶ月かに一度980円で読み放題サービスに入って4話分読んでしまえば元は取れてしまうという計算だが…

 (続きが読みたいし、何より買って応援したいな~(゚∀゚))

単行本購入にしたって、読者にこう思わせる漫画こそ真の良作だろう。

アフィにしたってそうだ。このブログのアフィも押してしまったのか押してくれてるのかはわからないが、毎月ジワジワとお小遣い程度にはなってきてるし、何よりタプ公LINEスタンプが未だにちまちま売れているという事に僕は感動を禁じえない(´;ω;`)

ちなみに移行当初はアフィやタプ公スタンプで得た金額で全ツ企画をしよう!と考えてたんだけど、現段階でそれをやるとアイルービンゴすら引けない可能性があるのであと三年後くらいね…w

コメント

  1. namaco より:

    あ、雷火読んでないんだね(´・ω・`)フーン

    麻雀小僧読んでたわ、懐かしすぎるぜ・・・
    タイトル忘れたけど小泉が主人公の漫画が酷かった記憶。

  2. kenji より:

  3. 三重県人 より:

    能力麻雀の先駆け?だった兎がちょっと前に終わりましたね。
    自分は途中までしか読んでないですけども。

    昔ゲーセンにあったこいつをちょくちょくやってました。
    麻雀ゲームで格ゲーみたいに対戦台として対面台で置いてあったのは
    初めて見たときは驚いたなぁ。

    一人用でやるとこの2人の理不尽さは脱衣麻雀の比ではなかったのを思い出します。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm1035178(アカウント持ってなかったらすいません)

  4. 三重県人 より:

    あ、ミスった(*_*)クリックで飛べない・・・すいません。

  5. ヨシホイ より:

    む、むこうぶち!
    ゲッターロボ牌とかwちょっと読んでみたい・・

  6. キヨ より:

    近代麻雀購読してないが、「角刈りすずめ」はスンバラシイと思う!
    麻雀漫画ではなくギャグ漫画として。

  7. umi より:

    >>kitehaさん
    あー、雷火キンドルで読めるのか!なんか「きてはぁ」とエロシーンばっか印象に残って最後のキンドルの件全く目に入ってませんでしたわwサンキュー!藤原カムイさんのドラクエ?ラーメン屋とかに置いてあるときちょこちょこ見てたけど嫌いじゃないので(ドラクエやった事ないから知らんのだよw)、この忍者漫画読んでみます!

    つーかアンリミ無料体験って検索フィルターっていうの?あれがショボくて全然読みたい本探せないよね(;^ω^) 

    小泉が主人公っつーと無駄ツモ無き改革かな?あれは一応マージャンやってたからOKだったけど、あれを真似た漫画が増えてからおかしくなった気がするよ…

    >>kenjiさん
    あまり語られないけど萬は紛れも無い名作だったね。本そういちさんまた書いてくれんかなー。一般紙であの人の漫画見るたび何ともいえない感情に包まれます。せめて、スピンオフの西さんの赤の伝説を終わらせてくれと切に思う

    >>三重県人さん
    兎は途中からバトル漫画になって、バンビーノのラストを彷彿とさせましたが何とか最終話まで書ききってくれましたね!ゲーセンで兎があったのは知ってましたがやった事ないから知らないんですが・・・動画見れないやんけっ!!

    恐らく巌さんとゴリの山城麻雀での強運コンビとかとの対戦なんじゃないかなと予想w

    >>ヨシホイさん
    むこうぶちは麻雀をモチーフにした人間交差点みたいなもんですからね。近年は名脇役達が出揃ってきて人鬼さん抜きでも十分面白いし、これはレジェンドと言っていいでしょうよ。

    ゲッターは近年最悪と言われるぐらい酷いっすよw何やってんだかわからないストーリーに何やってんだかわからない絵。大物(?)コラボだけに切るに切れない悪循環で、こんなののために小僧のような作品が…と、正しく悪化が良貨を駆逐するの図ですよ…

    >>キヨさん
    なんでキンマ読んでない人が角刈りすずめ知ってんねんw
    確かにあれは麻雀漫画というジャンルの中でどこまで出来るか挑戦したパイオニアでありギャグ漫画としても十分通用する素晴らしい作品だったと思うよ。

  8. 三重県人 より:

    あ、とりあえず前のやつ貼りなおしときますね。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm1035178
    凄いwおっしゃる2人で当たってます。
    負け画面での園長のセリフもなかなかです。

  9. kenji より:

    マリオ 麻雀で検索すると絵を置き換えた動画が出てきます

  10. umi より:

    >>三重県人さん
    あー、やった事ないけど酷いって噂は聞いた事あったと思うんでそれ覚えてたんでしょうねw三順目であれ当たって置物の方がマシだったなって言われたら流石に暴れるなw

    >>kenjiさん
    ごちゃごちゃして見づらいけど酷いってのだけはよーくわかったw