4/13  おこるべくして

スタンフォード監獄実験という、立場が人の行動を変えるというあの有名な心理学の実験をなんとなく思い浮かべていた。

目の前で新人を罵倒するオッサンは普段は穏やかに見え「ていた」人。交通誘導員という仕事柄、現場によっては他社の人とも何人かで組んでもらう事があって、そんな時も人当たりよく上手に場を回しているように見えてたのだけれど、それが一転、こちらが本来の姿だったのかなと思わせるネチっこい指導という名のイビリ(にしか見えないw)が目前で繰り広げられている。

 (何かいやなことでもあったのかなぁ?)

そう思うと同時に、パイセンがオッサンに朝方放った一言が頭を過ぎった。

 「ちょっとあの方誘導が怪しいんで、何か気付いた事あったら教えてあげてください
  
  
 (まさか、な…)

ここでスタンフォード監獄実験を僕は思い浮かべたのだ。
  
  

事の始まりは交通誘導員の人手不足が深刻化、なのだろうか。

間の悪い事に(?)、年度末から新年度にかけては我がブラック企業は繁忙期を迎える。現場が多すぎて人手不足で、他県の支店からも応援部隊を呼ぶような盛況ぶりで、その人達につける誘導員の確保が最優先事項となった。

しかし今はどこも工事会社は誘導員の確保に必死らしい。そのため必要な時に必要な分だけ手配してもらうという方法はとてもじゃないが使えないらしく、足元を見られないため日頃から人員を確保しておくしかないようで…つまり必要ないときでも誘導員を雇っていなければ不測の事態に対処できないという完全売り手市場。

例え応援部隊が来るのが来週だとしても、それ以前から人員確保のために誘導員を雇っている状態なのだ!

そして雇った以上遊ばせておくのも無駄なので、誘導員が一人でも十分な場所でも二人連れて行ったりする事で無理やり稼動させている状態なのだが、ここで視点を僕らに移そう。

 「あの人、大丈夫っすかね^^;」
 「さあ…研修受けたんですかね」

先週より、僕らが普段連れているレギュラーの誘導員のオッサンにプラスして一人、新人のお爺ちゃんが付くことになった。しばらくしたら来てくれるという他県からの応援部隊のための誘導員らしく、説明したとおり人員確保のために前倒しで契約して確保している状況なのだろう。遊ばせておくわけにもいかないため適当に付けられたのが僕らの班だったということだ。

が、このお爺ちゃん…いざ道路に立たせてみるとハッキリ言って「ヤバイ」レベルで何もできない(;^ω^)それこそ車を止めるために旗を出して貰う場面で、赤い旗を出さずに白い旗を振ってみるというレベルでw

ところで気になっていたのだが、お爺ちゃんを派遣してきた会社の名は今までブラック企業内で見たことのないものである。最近何人かその会社の名を背負った制服を事務所で見かけるようになったのだけど、恐らく人材不足を機に新たにガードマン業界に参入してきた新規企業じゃないだろうか?(あくまで僕の推測です)

そしてとにかく実績(他社との契約)を積むために研修など差し置き、どんどん適当に人を送り出した結果がコレなのではないだろうか!?他の班でもこの会社の人の仕事っぷりがヤバイという噂は聞いていて、それがますます僕の推論を後押しする。

 (だとしたら爺ちゃんも気の毒になぁ…いきなりやれって現場放り出されても何もわからんだろうし(´・ω・`)) *あくまで推測ですw

ここで話が冒頭に戻るが、レギュラーのオッサンにねちっこく指導される爺さんを見て居たたまれない気持ちになった。歳も一回り違うのに、ネチネチネチネチ聞いてるこっちがイライラするぐらい詰られているのを見ると気が滅入ってくる。

 「ちょっと!いま自転車通りましたよね?そういうとき何ていうか言いましたよね」
 「えっ?自転車通りまーす…ですか」
 「違うでしょー。二輪車通りますでしょー!?あと声が小さいって何度言えばわかるんですか」
 「はぁ」
 「はぁじゃないでしょう、はぁじゃ?」

 (この車通りの少なさで、さらに車全く通ってないのにチャリ一台で声かける必要あんのか(;^ω^)?)

とにかく万事がこんな感じで、それはさながら小姑の陰湿さに近いものを感じたぐらい。それは周囲に人がいようがお構いなしで、ややもすれば敢えて見せ付けてるのではないだろうかと思ってしまうほどだ。
 
無論ガードマンとしての正論はベテランさんのほうにあるのだろうが、それにしたって怒り方、教え方というものもある…。同じ給料を貰ってるのに(下手すると爺さんの方が高いかもw)、全く仕事の出来ない新人にイラつく面というのもあるかもしれないが、とにかく普段冗談を交えながら話している気のいいオッチャンの意外な一面を見たようで戸惑った。

 (或いは爺さんのためを思っての熱血指導…は無理があるかなw(;^ω^))

思えばこの二人が組むのは何も今日が初めてではない。既に一緒にやって三日ほど経つが、これまでは教え方もここまでキツクはなかった。この日が今までと何が違うか考えると、現場の責任者であるパイセンの言葉しかないはずだ。
 
つまり、「何か気付いたら教えてあげてください」という大義名分がオッチャンを暴君へと駆り立てた可能性は少なくない…

 (日頃出来ない鬱憤晴らしに見えなくもないな^^;)
  

こんな事を書くと怒られそうだけど、交通誘導員をやる人ってのは癖の強い人が多い。はっきり言っちゃうとなるべくしてなったなという人ばかりで、たまにマトモ(という言い方もアレだがw)な人が入ってきたと思っても、すぐに消えていく。以前も書いたが、激務薄給でもやらざるを得ない人が残った結果そうなってしまうのだろう。

僕らについている誘導員のオッサンは、その中ではかなりマトモな部類だと思っていたが、今回の件を見ていると少しその思いが揺らぎそうだ。少なくともおじいちゃんを詰る姿はちょっと常軌を逸していて、少し距離を取りたいと思ってしまう。

ちなみにこの件をきっかけに、評価を落とした人もいれば評価が上がった人もいる。

少し前に、どんな状況でも17時きっかりに帰る大型新人が現れたと書いたのだが覚えているだろうか。彼は何だかんだであれからも仕事は続いている。どころか、最近彼が評価され直しているのだ!

定時きっかりに帰るという以外全く問題がないどころか、(多少ウザイが)進んで仕事を手伝いに来てくれる積極的な姿勢、(多少ウザイが)通行人に常に笑顔で接する抜群のコミュ力、(多少ウザイが)間違いのない誘導職人っぷり。

 (あの時はどうかと思ったが、実はおかしいのは俺達のほうなのかもしれないな…)

定時に帰りたいというのだって、世間から見れば当たり前の事。ただそれを口にするかしないかだけで、彼は当然の権利を行使しているだけにすぎない。それを現場がこうだからおかしいだの、ちょっと常識がないだのと思ってしまう僕らの方こそ実はブラック企業に毒され過ぎていたのではないかと、諸々含めて色々と考えさせられる事件であった。

なお、お爺ちゃんはこの翌日に誘導中に接触トラブルを起こすのであるw

コメント

  1. ヨシホイ より:

    会長wwwワロタwwwなんか言ってwww
    ダメだこらえられなくてニヤニヤ笑ってたら前の席の女性事務員とその奥の社長にみられたど査定に響いたら補填を要求します

  2. 愛知のくま より:

    言い方は悪いですが、僕も誘導員の方の大半が、なるべくしてなった、若しくは家庭環境がまともじゃない方が多い気がします。
    学生のときの警備員のバイトしてたときに、休憩中の誘導員同士の会話からそう感じました。
    なお、私の今の仕事の上司は、スペック高すぎで、尚且つトップとNo.2は仕事に人生賭けるくらい仕事大好き人間。
    環境が人を変えるなら彼らは一体どんな環境にいたのだろう?
    仕事に多忙で私の頭はパイオニアですわ!
    チカッ、チカッ

  3. 匿名 より:

    仕事の内情をペラペラブログにしてるお前はよっぽど異常だよ、親しい仲間と愚痴を呟いていきなさい。

  4. 三重県人 より:

    貼ってある過去記事のコメントにリタイヤ済みのお爺さんでも雇えばってコメント
    があって今回の記事の結末見てワロス。

    最近名無しさんや匿名さん増えましたね。大人気ブログかな(^^)

    なんか色々とこの後書いたけど火をくべるだけになりそうなので
    辞めときます。

  5. kenji より:

    仏の顔も、と言いますし

  6. umi より:

    >>ヨシホイさん
    いつも笑顔で所内を明るくしてくれますと評価が上がったらボーナスください!

    >>愛知のクマさん
    家庭環境はイコールじゃないにしても、どこか人生諦めてる感のある人が辿り着く場所というのは否めませんね>< 反面教師的な意味で学生時代に是非とも経験しておくべきバイトだと思います。

    高スペック上司さんは好きな事をやってかつ結果が出ているんじゃ、さらに楽しくてのめりこんでいくのでしょうね。理想的な幸のループですね(゚∀゚)どれだけの人がそこへ辿り着けるのでしょう… パイオニアのハナは中毒性があるから仕方がありませんがほどほどにw

    >>匿名さん
    その論理で行くと世の中異常者だらけですやん…
    そもそも愚痴ですら無いっていう(;^ω^)

    >>三重県人さん
    なんだかんだで体力いりますからね~誘導員は。リタイアしたお爺ちゃん風の人けっこういますけど大変そうです… ちなみに誘導員の派遣先にもピンキリあって、うちのブラック会社はかなり下の下の環境なんでしょうけどw

    匿名コメは所詮場末の個人ブログですし火事にはなりませんよw…という程度に気を使ってるつもりですが、難しいものですな~。まあ見る人が見れば不快な内容なのかもなとは今回思って書いたのですが、確かにこういうのを悪気無く書くのも問題無いとは言えませんからねぇ…それでも書いちゃうのが僕の悪いところなんでしょうし、ブログが長続きする秘訣ともいえなくもないw

    >>kenjiさん
    思えばこの件の少し前当たりからベテランのおっちゃんの挙動が明らかに変なんですよね。今まで弄ってなかった携帯を四六時中弄るし、一時間に1回ぐらいトイレ休憩と称して消えるし… 加えてこの豹変したような怒りっぷり。借金取りにでも追われてるのかな(;^ω^)w?